大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事青木 博範
設立年月日1955年11月6日
県連加盟数12

グリーンコープ生活協同組合おおいた

お問い合わせ

住所 〒870-1123 大分市大字寒田415番地の1
TEL 097-569-9541 FAX 097-554-7141
URL http://www.greencoop-oita.or.jp

概況

理 事 長 宇都宮 陽子
専務理事 日隈 健一
事業内容 配送・店舗共同購入・共済・介護保険・生活再生・その他利用事業
事業区域 県内全域
沿      革 1986年設立
組合員数 29,469名
出  資  金 23億5,787万円
施       設
本部
配送共同購入センター・・・・・・・ 6
食料品店舗・・・・・・・・・・・・・・・ 4
キープ&ショップ・・・・・・・・・・・・ 5
衣類リサイクルショップ・・・・・・・ 6
生活再生相談室・・・・・・・・・・・ 1
組合員ホール・・・・・・・・・・・・・ 2
(以下、社会福祉法人グリーンコープ)
介護用品ショップ・・・・・・・・・・・ 1
ケアプランセンター・・・・・・・・・・ 3
デイサービスセンター・・・・・・・・ 2
認可保育所・・・・・・・・・・・・・・・ 1

産直畜産物を食べて、日本の畜産と安心・安全な食べものを守ります!

グリーンコープの畜産物は、生産者・メーカーの協力により、私たちのもとに届いています。東京電力福島第一原発事故以降は放射能測定室を設置、放射能検査を行って安心・安全な畜産物を届けています。

産直たまご びん牛乳
産直たまご びん牛乳
産直若鶏
産直若鶏

グリーンコープの産直豚肉・産直牛肉・産直若鶏・産直たまごは、開放された豚舎・牛舎・鶏舎でじっくり育てます。生育期の主な飼料は、non-GMO(遺伝子組み換えでない)の飼料です。

生活再生事業の取り組み

グリーンコープ生協おおいたでは、2008年8月より生活再生相談室を開設し、借金や滞納など「お金の問題」の相談を多くお受けして、生活再生を目的とした貸付事業にも取り組んでいます。また、生活困窮者自立支援法の「家計改善支援事業」を、大分市をはじめとした各自治体より受託しています。

※2019年7月20日現在の実績

電話件数 1,786件、 相談件数 1,034件
貸付件数 234件、 貸付金額 10,136万円。

市民電力事業の取り組み

グリーンコープは連合設立当初(1988年)より脱原発をめざしてきましたが、原発を止めるだけでなく、組合員自ら出資した市民電力事業で自然エネルギーを使った電気を使うことを実現することで「脱原発」をより確かなものにしていきたいと考えています。各県で発電所の設置を進めつつ、「グリーンコープでんき」で組合員さん向けに原発フリーを目指した電気の供給を行っています。

ファイバーリサイクルの取り組み

2010年秋にスタートしたグリーンコープのファイバーリサイクルの取り組みは、組合員さんから提供された様々な物品を安価で販売しリサイクルして、収益はパキスタンの子どもたちの学習支援に使われます。大分県下にはリサイクルショップゆう*あい「自由自在店」「高城」の2店舗があり、キープ&ショップ各店でも取り扱っています。

商品の確かさを確認する活動

グリーンコープ生協おおいたでは、組合員自身がメーカーや生産者を訪れ、きちんとグリーンコープの基準を守って製造・出荷されているかを確認するための視察(商品の確かさを確認する活動)を行うこととしました。

組合員自身が今まで以上にメーカーや生産者と交流することで、商品の確かさ・良さを改めて実感することで利用拡大につなげていき、製造現場の皆さんとの関係を強化して未然に商品事故を防ぐことで、より安心・安全な商品を提供できるようにしていきます。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム