大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

会員生協の取り組み

福祉の取り組み

くらしの助け合いスマイルさぽーと

コープおおいたでは、くらしの“ちょっとした”困りごと、高齢者や障がい者、産前産後、病気やケガをしたときの手伝い、草取り、見守りや通院介助などを支援するサービスを2014年からスタートしました。組合員同士のくらしの助け合いの活動から事業化することで、安定したサービス向上を目指しています。

▲「コープうすき」を出発する「お買い物サポートカー」

お買い物サポートカー

日常のお買い物にお困りの方にコープおおいたでは移動店舗販売や弁当宅配などのサービスを行っています。2017年からは高齢者を中心とした買い物支援の一環としてコープおおいたの店舗まで無料送迎する「お買い物サポートカー」を導入し、合計10台を運用しています。

住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるしくみを

①認知症予防・健康づくりの活動

認知症予防のため、月に1度「脳いきいき教室」を開催しています。1人では出来ない脳トレゲームなどに楽しく取り組みながら、各自で認知症予防の生活習慣を継続します。また、同じく月に1度の「にじいろカフェ」では、認知症への理解を深めたり、当事者やその家族が気軽に立ち寄っておしゃべりしたり、毎回楽しく有意義な時間を過ごしています。また、新たな健康づくりの活動として「スクエアステップ」を導入、指導者を12名養成し、組合員さんや地域住民の健康づくりに活かしています。体を動かしながら脳トレもでき、何より仲間と楽しく取り組めるこの活動は組合員の皆さんにも喜ばれています。

▲新たな健康づくり活動「スクエアステップ」

②地域住民の居場所づくり

現在大分県医療生協では「別保子ども食堂」(大分市森町)と「みんなの食堂・つる子ども食堂(共催)」(大分市津留六本松)の2か所の食堂をそれぞれ月1回のペースで運営しています。コロナ禍で開催を休止したこともありましたが、コロナによる暮らしの不安も高まる中、『こんな時だからこそ開催すべき』と感染対策に注意しながら出来る限り継続したいと考えています。尚、現在は、会食による感染を防ぐため、お弁当を提供する形で、運営しています。

▲コロナ下でも感染対策に留意し、
出来る限り継続して行きたいと考えています

③ささえあい運動

「くらしの相談窓口」専用電話を設置し、医療・福祉・介護・くらしなどの相談に、大分健生病院の地域サポートセンターと協力して対応しています。また、地域でのちょっとした“困った”を支部でも取り上げて解決に向けて動いています。「ささえあいシート」を活用して、自身の健康に関する困りごとから生活に関する困りごとまで幅広い内容の相談があります。「高齢でゴミ出しに困っている」、「失業後の病院受診や保険の手続きをどうしたらよいか分からない」、「火災にあい生活の場と物資に困っている」などの依頼に、事業所や組合員さんが協力して対応しています。

大分県勤労者医療生協は、じん肺や振動病などの労働災害・職業病に対する医療・予防活動への取り組みから職場の安全管理、地域医療、在宅医療、介護まで取り組んでおり、医療から介護まで皆さまがトータルで利用できるサービスを提供しています。

▲加齢によりゴミ出しが難しくなったという方からの
相談も増えています〜ゴミ出しボランティア

健康

健康な体作りの第一歩でもある健康診断は、個人一般健診、企業・団体健診等(組合員価格有り)の他、頸肩腕障害・じん肺・アスベスト・振動障害特殊健診等の労災・職業病健診を実施し、病気の予防及び早期発見・治療に努めています。

また、医師・看護師・薬剤師等の専門知識を持った職員が、職場や地域の方々の集まり等に出向き「高血圧予防講座」や「お薬の勉強会」など多種多様な健康講座を行っています。

地域との交流

地域や組合員さんとの交流や健康増進を目的として様々な行事を開催しています。毎年12月に行っている「ミニバレーボール大会」は毎回200名前後の参加者があり地域の行事としてしっかり根付いています。

また、夏を中心に中学生の職場体験や大学・専門学校の実習生を受入れています。とくに中学生には、仕事の尊さ・職業観・地域への感謝と思いやりの心を育む大切な学習活動の場になればと考え、受入れを行っています。

▲大分協和病院ミニバレーボール大会

医療

地域の皆さまの「かかりつけ医」として内科を中心に診療を行うとともに、在宅医療にも力を入れています。

また、ALS(筋萎縮性側索硬化症)等の難病医療にも積極的に取り組んでおり、難病にかかった患者さまが絶望せずに前向きに暮らせる地域づくりを目指しています。さらに大分協和病院の山本院長が中心となって研究開発を行った「気管内喀痰自動吸引システム」も実用化され、多くの患者さまやご家族に喜ばれています。(詳しくは、ホームページ http://www3.coara.or.jp/~makoty/をご覧下さい。)

▲中学生の職場体験

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム