大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

新型コロナウイルスに負けずに、SGDsの実現に向け、生活協同組合の役割と機能をさらに広げていきましょう。

大分県生活協同組合連合会 会長理事 青木 博範大分県生活協同組合連合会
会長理事

青木 博範

 皆様には日頃より、当県生協連の活動に、深いご理解と温かいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。

 県生協連は、3つの地域生協、6つの職域生協、3つの医療・福祉生協の12生協が加盟する県下最大の消費者組織として組合員数は47万7千人を越え、総事業高は316億円超となっています。

 県生協連では、会員生協の活動を支援し、交流と連帯を促進する活動を中心に、食の安全・安心を守る取り組み、消費者被害をなくす取り組み、環境や医療・福祉、平和活動を通して、生活者の安全・安心に貢献する活動も積極的に展開しています。

 また、行政や他団体との連携を強め、生協の社会的役割を発揮する活動、協同組合間連携にも取り組んでいます。

 2015年に国連は持続可能な開発目標(SGDs)として2030年までに達成すべき17の目標を決定し、日本生協連は2018年に7つの目標「住み続けられるまちづくり」「貧困をなくそう」「平和と公正」「ジェンダー平等」「つくる責任、つかう責任」「健康・福祉」「エネルギー・気候変動」としてコープSDGs行動宣言を決議し、県生協連も全国の生協と一緒に、誰一人取り残さない、誰もが安心して暮らし続けられる地域社会の実現に向け取り組んでいきます。

 2019年11月に中国で発生した「新型コロナウイルス」は、2020年2月以降瞬く間に全世界に拡大し、100年に一度のパンデミックを引き起こし、経済活動や医療体制に大打撃を与え続けており、2021年8月18日現在、世界で約2億7,937万人(前年比約10倍)が感染、死者は約437万人(同比約5倍)、日本では約118万3千人(同比約16倍)が感染、死者は15,499人(同比約10倍)、大分県では4,808人(同比約30倍)が感染、死者は64人(同比約30倍)となっています。2021年は7月中に高齢者のワクチン接種はほぼ完了したものの、変異ウイルスの拡大と東京オリンピックの開催等により感染者が急増し、医療供給に追い付かず自宅待機による死者も増加しており、緊急事態宣言の効果は疑問視されています。

 また、この数年、地球規模の気候変動の影響による台風・大雨等の大規模災害が多発しており、今年も8月に線状降水帯の停滞による豪雨が九州・中国地方を中心に日本列島を襲い、大きな被害をもたらしています。この間、県生協連加盟の各生協は、迅速に各被災地に対し支援物資の配送やボランティア活動、義援金活動に取り組んでいますが、今後も災害は必ず起きると想定した普段の準備とともに、行政や災害ボランティアセンター等と連携した取り組みを強めていきます。

 消費税の増税や医療費等社会保障費の負担増に加え、コロナ禍による経済的な負担も増大している中、私たち生協は、助け合いの精神を大切に、新型コロナウイルスに負けず、組合員と一緒に力を合わせ、SDGsの実現に向け、生協の役割と機能を広げていきましょう。今後とも、皆様のご支援、ご協力を宜しくお願いします。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム