大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

大分県生協連の主な活動

災害支援と復興・復旧活動

1.東日本大震災への支援

①東日本大震災・福島第一原発事故から10年が経過しましたが、日本生協連は、買って支える〜被災地の産品を利用し産業復興を支援、ボランティア活動を支える〜つながりをつくるために、被災地の今を知り伝える〜忘れない取り組みを続ける、社会的制度の充実を目指して暮らしの声を届ける〜生活再建支援のための制度運用の強化、を活動として会員生協を中心に取り組んできました。

②県生協連加盟の各会員生協は、福島県産品の購買運動や子どもたちの招待活動、福島応援視察など様々な取り組みを行ってきました。

県生協連は、福島県新地町の復興のため植樹を寄付し、2019年4月6日に役員が現地に出向き、大分県花の「豊後梅」と大分市花「山茶花」を植樹し、10月26日の防災緑地公園の開園式に代表が出席する予定でしたが、台風の影響で開園式は中止となりました。

③2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により様々な支援の取り組みはできませんでしたが、2021年2月13日に発生した福島県沖地震の被害を受けた新地町に対して県生協連より20万円の災害見舞金を贈りました。

2.台風や豪雨災害への支援

ここ数年、地球規模の気候変動の影響による台風・大雨・地震等の大規模災害が多発しています。

2020年は7月に線状降水帯による豪雨が九州から東北まで全国で大きな被害をもたらし、特に大分県では、日田市・玖珠町・九重町・由布市で甚大な被害を受けました。

日本生協連合会及び全国の生協は、新型コロナウイルスの影響もありボランティア活動は自粛となりましたが、災害支援募金活動に取り組みました。

大分県生協連合会加盟の12の生協は、今回の災害に伴う店舗・施設等の被害はなく、組合員の被害は床上浸水等が十数件にとどまりました。豪雨の後、各生協は独自で以下の通り、物資の支援やボランティア活動に取り組みました。

生協コープおおいたは、県社協の要請を受け、日田市天瀬のボラセンへ飲物とマスクを1,000ケース支援、また、天瀬社協・九重町へボランティア活動を8月17日まで実施、特に天瀬社協では炊き出しを3回実施し感謝されました。

日田市民生協は、日田市と災害対策の協定を締結しており、各避難所へ弁当やおにぎり等を連日、累計で約6,000食を配送しました。

グリーンコープおおいたは、組合員向けカンパを呼び掛け、天瀬NPO法人や由布市役所に炊き出し用の食材や器具、衛生用品等の支援物資を届けました。また、九重町へは職員有志でボランティア活動を実施しました。

自治労大分信販生協は、被災した組合組織(日田市・由布市・玖珠町・九重町)へ飲物を支援しました。また、生協の母体である自治労大分県本部は、7月中旬から8月上旬にかけてボランティア活動に取り組み、延べ529人が参加しました。

日本生協連は募金活動に取り組み、11月末までに約6億7,800万円が寄せられ、災害救助法が適用された9県に送り、大分県に約3,666万円を贈呈しました。

2021年も8月11日以降、豪雨が長期化し九州、西日本、東日本の広範囲に大きな被害が発生しました。日本生協連や民間の募金もスタートしています。

大分県内では、日田、玖珠、九重、中津等で被害が出ていますが、詳細は把握できていません。コープおおいたは、8月21日〜22日に天瀬町でボランティア活動を実施しました。

3.大分県の総合防災訓練への参加

大分県は、毎年大規模災害を想定した総合防災訓練を行っており、生協県連も毎年参加するとともに飲料を1,000本協賛しています。

2020年は、新型コロナウイルス感染予防のため中止となり、2021年も11月28日(木)に宇佐市・豊後高田市で開催予定でしたがコロナ感染予防を考慮し中止となりました。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム