大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

大分県生協連の主な活動

災害支援と復興・復旧活動

1.東日本大震災への支援

東日本大震災・東京電力福島第一原発事故に対する被災者・避難者支援については、①買って支える〜被災地の産品利用で産業復興を支援、②ボランティア活動を支える〜つながりをつくるために、③被災地の今を知り伝える〜忘れない取り組みを続ける、④社会的制度の充実をめざしてくらしの声を届ける〜生活再建支援のための制度運用の強化を活動として会員生協を中心に取り組んでおります。

2.熊本・大分地震への支援

熊本・大分地震の支援の強化に取り組みました。2016年4月14日、16日発生した熊本・大分地震では、人的、物的被害は甚大なものがあり、丸2年となりますが、熊本県では避難住宅で生活を余儀なくされており、復輿の目安がつかない状況が続いています。

会員生協では、コープおおいた、グリーンコープおおいた、大分県勤労者医療生協、大分県医療生協では被災地支援に努めてきました。

3.九州北部豪雨への支援

2017年7月5日に発生した九州北部豪雨災害では福岡県では甘木市を、大分県では日田市、中津市を中心に山の崩壊と流木での河川への氾濫で家屋の倒壊や浸水で甚大な被害が発生し、尊い人命も奪われました。こうした災害にコープおおいたや日田市民生協をはじめ各生協では支援物資の提供や人材派遣、義援金の募集など行い、日田市民生協では日田市との緊急時の物資供給、コープおおいたでは県との物資供給でその役割を果たすことができました。

また、日本生活協同組合連合会では、全国の生協に人材の派遣や義援金の募集を行い、全国で集められた義援金5,550万円と大分県生協連の義援金50万円、コープおおいたの義援金826万円、合計6,426万円を9月4日に日本生活協同組合連合会副会長の新井ちとせさん、パルシステム生活協同組合連合会理事長の石田敦史さん、日本生活協同組合連合会九州地連の木船文敬さん、県連の青木博範会長理事と太田耕作専務理事、コープおおいた執行役員の小野雄二さんと組合員理事の宮崎千恵子さんが県庁を訪れ広瀬勝貞大分県知事に義援金を贈呈しました。

さらに、2017年10月3日には「平成30年度大分県予算編成並びに行政執行に関する要望書」の提出を行いました際に、栃木県生協連、熊本県生協連、日田市民生協、大分県高校生協、大分県総合生協、大分大学生協、大分県勤労者医療生協、大分県医療生協からの義援金を柴田尚子県生活環境部長に贈呈しました。

その後、12月11日には、日本生活協同組合連合会が九州北部豪雨災害の義援金として募集した最終として6,833,233円の九州北部豪雨義援金として、コープおおいたが組合員募金や義援金付きタオルの販売益での台風18号災害義援金450万円を大分県福祉保健部長に贈呈しました。

4.大分県の総合防災訓練への参加

大分県では、毎年、大規模災害を想定した総合防災訓練が行われており県生協連も毎年参加しておりますが、2016年は豪雨のため、2017年は台風のために中止となりました。

また、大分県では県や市町村、公共機関、県と防災・減災に関する協定書を交わしている団体が参加して2017年4月に「災害対策ネットワーク」を立ち上げましたが、活動は思ったようには前進していません。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム