大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

大分県生協連の主な活動

消費者の権利を守るために

1.県行政との消費者被害防止の連携強化

大分県と生協が連携した悪質商法防止の広報・啓発活動として、多くの組合員の家庭を巡回する共同購入個配、移動販売での呼び掛け、訪問診療や介護等サービスを利用して、これまでなかなか広報・啓発が行き届かなかった方々に対して、声掛けや家族で話し合う、また、地域住民への注意喚起などのためのチラシの配布活動を委託事業として会員生協の協力で実施しています。

2.消費者被害の防止や救済活動

県生協連は、適格消費者団体としての役割を果たしている特定非営利活動法人「大分県消費者問題ネットワーク」の活動である消費者被害の未然防止、拡大防止、救済活動について弁護士や消費生活相談員と協力して最大の加盟組織としてその任務を遂行してきました。

また、大分県消費者問題ネットワークでは、大分県と連携して消費生活相談員養成講習や相談員資格取得講座を委託されており、市町村とは市町村相談窓口への派遣、各種団体等への啓発活動の出前講座への講師派遣を行っています。

3.消費者団体の中心的役割

大分県消費者団体連絡協議会活動では、事務局を担当して中心的な役割を果たしてきました。

消団連としての活動は、毎年5月に実施されます「消費者月間としての街頭キャンペーン」、消黄者問題を考える「地域消費者フォーラム」を2017年11月22日(水)に杵築市山香庁舎にて、口演で「笑って元気〜あなたのまわりはサギだらけ〜」と題して、佐伯市宇目鷹鳥屋神社宮司の矢野大和氏が、公演「悪質業者トラプル対処法」で杵築日出警察署生活安全課の刑事のみなさんが出演されました。

また、事業者と消費者との意見交換会を開催し、2018年2月27日(火)に携帯電話会社と現状と問題等をテーマに意見交換を行いました。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム