大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

協同組合間連携を広げ、
組合員はもとより、地域社会の期待に応えていきます。

大分県生活協同組合連合会 代表理事 会長理事 青木 博範大分県生活協同組合連合会
代表理事 会長理事

青木 博範

 みなさまには日頃より、当県生協連の活動に深いご理解と温かいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。

 県生協連は、地域購買生協をはじめ、職域生協、医療・福祉生協を含めた12生協が加盟する生協連合会となっています。その規模は2016年度末現在、総組合員数は46.2万人、総事業高が304億円となり、事業活動だけでなく、環境や福祉、地域社会貢献の活動を展開する県下最大の消費者組織となっています。

 昨年4月の「熊本・大分地震」に続いて、今年7月には福岡県、大分県を中心とする「九州北部豪雨災害」が発生し、多くの尊い命が犠牲になりました。亡くなられた方とご遺族のみなさまには衷心より哀悼の意を表するとともに、今なお苦しい生活を余儀なくされている被災者のみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。

 今回の災害にあたっては、拠点生協であるコープおおいた、被災地の日田市民生協を中心に、行政と締結している災害支援物資協定に基づく物資の調達から、避難所での炊き出しや災害ボランティアセンター等への支援物資の提供をしています。今回もまた、全国の生協や組合員から寄せられた義援金を、被災地の復興支援に役立てていただきたいと大分県知事に贈呈しました。県生協連では、引き続き被災者に寄りそった支援活動、復興支援活動に取り組んでいきます。

 昨年11月、世界の協同組合の創意あふれる取り組みが評価され、ユニセフの「無形文化遺産」に登録されました。この登録を機に、大分県内の協同組合11団体の連携を深めようと「大分県協同組合協議会」を12年ぶりに活動再開しました。生産者と消費者を繋げる団体として、第一次産業の活性化や地場商品の開発、普及等にも取り組んでいきます。

 県生協連は、事業領域を超えた県内生協連帯の場として、協同互助の精神に基づき、県内生協の総合力の発揮し、県行政や他の協同組合、社会福祉協議会、NPO法人などの諸団体との良好な関係づくりを構築していくことをめざしていきます。そのため、今年度は以下のような重点課題を掲げました。

(1)生協間の交流、情報共有によって、連帯・協同を促進し、会員生協の発展に寄与する活動

(2)食の「安全」「安心」、消費者問題の取り組みや環境、福祉、平和活動などを通して、生活の「安全」「安心」に貢献する活動

(3)行政や諸団体と連携し、生協の社会的役割を発揮する活動

(4)東日本大震災や「熊本・大分地震」の被災者、避難者支援を強化する活動

(5)生協活動を知ってもらうため、広報、渉外を強める活動

今後とも、みなさまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム