大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

大分県生協連の主な活動

4.消費者の権利を守るために

①県行政との消費者被害防止の連携強化

大分県と生協が連携した悪質商法防止の広報・啓発活動として、多くの組合員の家庭を巡回する共同購入や個配、移動販売での呼び掛け、訪問診療や介護等のサービスを利用して、これまでなかなか広報・啓発が行き届かなかった方々に対して、声掛けや家族で話し合うためのチラシの配布活動を委託事業として会員生協の協カで実施しました。

②消費者被害の防止や救援活動

県生協連は、消費者被害の未然防止、拡大防止、救済解決のため、弁護士や消費者相談員と協力して大分県消費者問題ネットワークの活動に積極的に参加し、適格消費者団体として役割を果たすべく活動を行ってきました。

また、ネットワークでは、大分県との連携強化の一環として専門消費生活相談員の県への派遣委託事業の受託や多くの市町の消費者相談窓口への相談員の派遣、各種団体への啓発活動の出前講座を行っています。

これからも、活動の財政的援助や会員生協の活動参加などが必要であリ、会員生協には、団体正会員として役員や組合員では個人会員としての支援と協力をしてゆきます。

③消費者団体として中心的な役割

協議会活動としては、大分県消費者団体連絡協議会の活動の中心的役割を果してきました。

消団連の主な活動としての地域消費者フォーラムは、2017年1月24日に大分市のコンパルホールで開かれ、記念講演は、佐藤樹一郎大分市長の「県都大分市の夢と実現に向けて」をテーマに、事例研修は、大分県消費者問題ネットワークの井田雅貴理事長が「消費者問題の現状と適格消費者団体の役割について」をテーマに講演されました。

この他の活動としては、2016年5月の消費者月間で街頭キャンペーンや家電事業者との意見交換会を2017年2月15日に行いました。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム