大分県生活協同組合連合会
大分県生活協同組合連合会
〒870-0278
大分市青崎1丁目9番35号
TEL:097-527-4056
会長理事 青木 博範
設立年月日 1955年11月6日
県連加盟数 12

大分県生協連の主な活動

1.会員生協に役立つ研修会・学習会の開催

①県生協大会の開催

生協運動の発展と会員相互の交流を深めるため、県生協大会を2016年10月21日(金)に大分市の全労済ソレイユ7階のカトレアで会員生協より66名の方が参加して開催しました。

大会は、自治労大分県本部信用販売生活協同組合の河原伸明専務理事(県連理事)が総合司会となりはじまり、主催者を代表して会長理事の青木博範が大会の趣旨についてあいさつを行ない、来賓としてはじめて佐藤洋大分県農協協同組合中央会会長より「協同組合間協同の連携の強化したい」とのあいさつ、大分県生活環境部男女共同参画課長の後藤素子さん、大分県労働者福祉協議会常務理事の藤塚隆弘さん、日本生活協同組合連合会九州地連の岡出洋次事務局長のあいさつがあって、講演となりました。

講演は、広島県生活協同組合連合会専務理事の高田公喜さんが「これからの生協は地域にどう関わるか」と題して講演されました。

②役職員研修会の開催

会員生協の役職員45名が参加して、2016年12月2日(金)に大分市の全労済ソレイユの7階「アイリス」で開催しました。

研修会は、大分県勤労者医療生活協同組合の河津暁爾専務理事(県連理事)が総合司会となり、はじめに、主催者を代表して青木博範県連会長理事があいさつしました。来賓として、大分県議会議員の平岩純子さん、大分県生活環境部理事の堤健一さん、大分県労働者福祉協議会専務理事の吐合史郎さんのあいさつがあり、講演となりました。

講演は、日本生活協同組合連合会組織推進部本部長の笹川博子さんが「2020年ビジョンにむけて生協が果たす役割と期待」と題して講演されました。

講演内容は、日本生協連の2020年ビジョンの中で、環境問題、子どもの貧困問題を中心に生協としての役割と社会的な期待について話されました。

③会員生協監事研修会の開催

会員生協の監事や県連監事を含めて25名が参加して、2016年9月15日(木)に大分市の全労済ソレイユの7階「アイリス」で開催しました。

研修会は、最初に青木博範県連会長理事が「監事は組合財産を守り、理事の業務執行を厳しく監査し、提言できる権限をもっているので、その責務を果たすよう学んでほしい。」とあいさつしました。

講演は日本生活協同組合連合会の会員支援本部会計支援部長の宮部好広さんが講師となって、「監事業務と監査環境の整備の考え方と実態」と題して講演されました。

講演は、はじめに、法定の監査報告書記載事項、1年間かけての継続的の監査活動、監事監査基準や監査計画に基づく監査の手順等、監事の役割について話されました。

▲このページのトップへ

大分県生協連ホーム
大分県生協連ホーム